トピックス

岩崎大輔クインテットライブ決定!

中国を代表する楽器、「二胡」とのセッションライブが実現

ステージ、時間などは決定次第公式サイトやSNSでお知らせしますので、どうぞお楽しみに!!


岩崎大輔


田部俊彦


劉 福君


小野稔隆


綱川康太郎


■岩崎大輔 Daisuke Iwasaki

74年15歳でピアニストとしてデビュー。
81年ボストン・バークリー音楽院へ留学し、ピアノ、作曲、編曲、和声学等を学ぶ。
帰国後、東京を拠点にジャズを中心とした内外の多くのトップミュージシャンとのジャズライブ活動の傍ら、中南米音楽・ヨーロッパ音楽など多岐に渡るポピュラー音楽の演奏・編曲者としてもその才能を発揮する。
92年に故郷福岡に拠点を移し、コンサート、CD製作のプロデュース等々、福岡の音楽シーンの牽引的活動を続けている。
16年5年振りに6枚目のCDアルバム「リターン」を発表。
18年よりJR九州クルーズトレイン ななつ星 の音楽監督に就任。
19年ソロピアノリサイタル、CDアルバム「還」を発表。

平成20年度(2008年)福岡市文化賞受賞


■田部俊彦 Toshihiko Tabe
北九州が誇るテナーサックスプレイヤー。
1981年、自己グル−プ「なしか」結成。
ヤマハ・エルモーション九州大会グランプリ、及びライトミュージックコンテスト全国大会優秀賞受賞。
1993年、マリンメッセにおいて、スティービー・ワンダ−と共演。
「リボン・イン・ザ・スカイ」では、彼のハーモニカとアルトサックスでバトル合戦を好演した。
1998年、初リーダーアルバム「In A Mist」を岩崎大輔(ピアノ)とのデュオでリリ−ス。
2003~2005年、北九州市主催「Xmas Jazz Night in MEDIA DOME」にプロデューサーとして参加し、マリーン、チカ・シンガー、ケイコ・リー、吉田次郎(gt)、村田陽一(tb)等と共演。
2014年10月14日、還暦を機に自己のコンサート「田部俊彦&Friends」を開催。
北九州芸術劇場中ホールにて700人余りを動員。
同日、内田浩誠(ピアノ)とのデュオアルバムリリース。
現在も九州を代表するテナーサックス奏者として県内外で活躍を重ねる。
また、ライブハウスビッグバンドのオーナーとして北九州ジャズシーンを牽引。



■劉 福君 〔リュウ・フジュン(中国読)、りゅう ふくくん(日本読)〕
熊本市在住
NPO法人 日本二胡振興会 副会長
中国民族管弦楽学会 胡琴専業委員会 名誉理事

1963年 中国吉林省遼源市に生まれる。
父兄の影響で5歳よりニ胡を始める。
1985年 吉林省芸術大学でニ胡を専攻し、ニ胡教授「王恩承」氏に師事。
卒業後、吉林省民族楽団にニ胡演奏家として入団。
1993年 熊本大学教育学部音楽科に留学。
九州を拠点に全国で演奏活動を行なうと共に、九州各地(福岡・熊本・長崎・大分・佐賀・宮崎・鹿児島)に教室を開設し日中友好の懸け橋として後進の育成にも積極的に取り組んでいる。
現在、「海郷」「海夢」「海恋」「弦音風情」「島の風」「鳥の歌」のCDをリリース。